book_imag


マン島TTに行ったような気持ちになれる一冊。
予約受け付け開始!


 「三上さん、一緒にマン島に行きませんか」

 2010年のことだった。そう僕に声をかけてくれたのは、2013年のマン島TTで生涯を閉じた松下ヨシナリだった。マン島TTとは、現在継続されているロードレースのなかでは最古となる公道を使用するレースだ。イギリス領のISLE OF MAN—マン島で、1907年から開催されている。
 松下に誘われた僕は、2011年からの3年、毎年5月下旬から6月中旬までをマン島で過ごすことになった。それは僕の人生に、様々な意味で非常に大きな影響を残す日々となった。正直言って、マン島に行くことの価値がこんなに大きなものだとはまったく思っていなかったのだ。
 僕は松下のサポートをメインとしながら取材を行うという立場でマン島に行ったのであり、(もちろん)レーシングライダーとして参加したわけではない。
 しかしそれでも、この島が、この島で行われるレースが、そしてレースを走る、レースに関わる人々は、これまでの人生では体験できなかったほど素晴らしい、濃密な体験と時間を与えてくれた。
 マン島TTは、現在の高度に磨き上げられたロードレーシングの世界において、時に忌み嫌われることもある危険なレースだ。だが、危険とは背中合わせの魅力と、生きる喜びに満ちた素晴らしさが、このレースとこの島にはある。残念ながら日本ではマン島の情報がメディアに掲載されることがさほど多くないためか、多くの人々が正しい知識もないまま批判しているのを見聞きすることが多く、とても残念に思う。
 そこで、“今”のマン島と、マン島TTレースについての書籍を発行することにした。マン島とはどんなところなのか。マン島にはどんな生活があるのか。TT開催中の島の様子は。現在トップクラスを走るライダーたちは。TTの期間中、ライダーやスタッフはどのような毎日を送るのか。
 本を閉じたとき、マン島に行ってきたような感覚が得られるような本にしたいと思っている。今自分が楽しんでいるバイクのジャンルに関わらず「ああ、やっぱりバイクって、レースって素晴らしいなあ」と思える本にするので、ぜひご予約いただければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

FRM 三上勝久


「60DAYS OF ISLE OF MAN」概要

※この書籍は予約販売です。一般書店では発売しない予定です。

価格:2800円+税(予約特別価格・発行後に余りが出た場合は3500円+税で販売します)
ページ数:116P〜130P程度を予定
版型:210mm×210mm
印刷・体裁:カラー・無線綴じ
発行:2015年4〜5月発行・発送予定
発行部数:600部を予定(予約が400部以下の場合は発行を取りやめる場合があります。その場合は代金を返金させていただきます)
※仕様は予告なく変更する場合があります

記事イメージ(実際とは異なる場合があります)
6diom_image_6

6diom_image_5

6diom_image_4

6diom_image_3

6diom_image_2.jpg

PDFバージョンはこちらからダウンロードしていただけます


予約方法

オンラインで予約の場合
こちらのリンクをクリックし、BAJABROTHERS.COMよりご予約ください。

FAXまたは郵送でのご予約の場合
こちらのリンクから予約用紙をダウンロード、プリントし、必要事項をご記入のうえFAXまたは郵便でお送りください。お支払い方法は現金書留、クレジットカード(VISA、マスターカード、AMEXのみ対応)、銀行振込となります。

※現金書留、銀行振込については予約申し込み用紙をご覧ください。
※クレジットカードの場合はお申し込み2-3日後にBAJABROTHERS.COM名義で課金されます。

ご不明点などありましたら、お気軽にこちらよりお問い合わせください(回答まで数日いただく場合があります。ご了承ください)

 

1290sa-full

JNCCもいよいよ明日エントリー開始……日がたつのが本当に早い!

1月末は、スペイン・グランカナリア島で開催されたKTM 1290 SUPER ADVENTURE & KTM 1050 ADVENTUREの試乗会に参加させていただいてました。詳細は次号で書きますが、1190 ADVのデジタル技術をさらに進歩させた1290 SUPER ADVENTUREは、過去にないくらい強烈なスタビリティをもつゴージャスな「デジタル・ツアラー」に仕上がってました。一方、ADVENTUREシリーズのなかでのエントリーモデルとなる1050 ADVENTUREは、軽く、またトルキーなエンジンで走りを楽しめるファン・ツアラーとなっていました。

さておき、業務連絡(という名の宣伝)です。

 「インターネットでの定期購読申し込みがわかりにくい、面倒くさい」というご意見を先日とあるお客様よりいただきましたので、FAXにて定期購読を受け付けられるシステムをご用意しました。お申し込み方法は簡単です。お支払いは銀行振込またはクレジットカードとなります。
 ぜひお気軽にご利用ください。

1>申込用紙をダウンロードする。
2>プリントする。
3>必要事項を記入し、FAXする。
4>振込の場合は指定口座に代金をお振り込みください。

の簡単3ステップです。

これまで通りのBAJABROTHERSでの通販ももちろんOKですが、ぜひこちらもご活用ください。
宜しくお願いします。


スクリーンショット 2015-02-02 22.50.50定期購読申し込み用紙をダウンロードするにはここか左の画像をクリック!

Tagged with:
 

IMG_7548

 さて、ラリーと冒険の旅、そしてヨーロッパ5カ国を5日巡る旅(後編)を特集した次号FRM vol.56oは1月15日(水)発売です。(発売日2ヶ月間違えて書いてました(T ^ T))。
お求めは弊誌販売協力店もしくは全国書店、弊社オンラインショップ・BAJABROTHERS.COMまで。お得な定期購読(現在プレゼントキャンペーン中!)もぜひどうぞ。お手頃価格の3号定期購読もスタートしています。


 このFRM vol.56を弊社オンラインショップからお買い上げ頂いた方(新規定期購読、定期購読期間中の方含む)で、ご希望の方から抽選で8名様に、2015年4月公開予定のマン島TT&ダンロップファミリー・ドキュメンタリー映画「ROAD – ロード ディスティニー・オブ・TTライダー」の試写会チケットをプレゼントします。

 この映画は本誌次号でも紹介していますが、FIM TT-F1選手権を五連覇、そして未だに破られていないマン島TT最多勝記録(26勝)を達成したジョイ・ダンロップ、そしてその弟のロバート・ダンロップ、ロバートの息子であるウイリアムとマイケル、4人のライダーの人生を追ったドキュメンタリー映画です。

 この映画はバイクのレース映画ではありますが、同時に、人として自由に、夢を追って生きることの素晴らしさと残酷さについての物語ともなっています。夢、希望、挫折、狂気、愛、挑戦、栄光、代償……そんな言葉たちが生み出す世界を、これほど鮮明に見せつけられる映画はなかなかないでしょう。ライダー以外の人にもぜひ見てほしい映画ですが、きっとみなさんのようなライダーであればより深く理解できるはずです。

 試写会の会場、スケジュールは以下の通り。

・会場:シネマート六本木
・試写会日程:
1月23日(金) 15:30〜(試写室)
1月28日(水) 13:00〜(試写室)
2月5日(木) 18*00〜(試写室)

 このチケットをご希望の方は、こちらのリンクから、題名欄に「ROADチケット希望」と書いてお送りください。なお、誠に申し訳ございませんが、発送の都合上、プレゼント対象者は、弊社オンラインショップBAJABROTHERS.COMで次号をお買い上げの方定期購読をお申し込みの方、Vol.56が定期購読期間中の方に限らせて頂きます。なお、第2次締め切り分については富士山マガジンサービスで定期購読の方もご応募いただけます。

・プレゼント申し込み締め切り
第1次締め切り:2015年1月13日(月)午後4時
第2次締め切り:2015年1月20日(月)午後4時

・発送方法
第1次、2次ともに抽選で4名の方にチケットを発送します。1次の当選者の方には弊誌発送の際に同梱します。2次で当選の方には、弊誌送付先の住所にハガキでお送りします。
タイトなスケジュールで申し訳ありませんが、ぜひふるってご応募ください。

なお、ブーツなどのプレゼントが当たる「FRM 新年記念プレゼントキャンペーン」も平行して実施中です。こちらもぜひ!

映画「ROAD」予告編(英語)


 

What’s INSIDE? >> FRM vol.56?


スクリーンショット 2015-01-12 16.29.05

 今回は、昨年、様々なチャレンジをしてきたライダーたちに原稿を多く書いていただきました。第一は、現在「ラリーに出ながら世界を一周する」旅、RACES TO PLACESを実践しているイギリス人ライダー、リンドン・ポスキット。2013ダカールラリーでは初出場にして完走、ステージ8では総合9位に入ったこともあるライダーです。
 彼がどんな想いで旅をしているのか、どんな風景に出会ったのかを書いてくれました。文字通り世界を股に掛ける彼の足跡を一緒に楽しんでください。
 また、リンドンの日本における旅の模様は篠原祐二さん(REINFORCEMENT!)に書いていただいています。こちらもぜひ!

スクリーンショット 2015-01-12 16.30.00

 また、昨年日本のエンデューロ界で、多くのアマチュアライダーたちを勇気づける名言「スタックポイントは俺のベストライン」を生み出したライダー、井上雄介さんにISDE 2014の参戦記を寄稿していただきました。SRJのブログの面白さでもわかる通り、彼には非常に文才がありますが、今回、素晴らしい原稿をいただくことができました。現場での戦いぶり、そして彼がどのような言葉を周りからもらったのかがよくわかる記事です。正直、生原稿を読んでこれだけグっと来たのは久しぶりでした。オフロードライダーに限らず、挑戦したい、挑戦をサポートしたい……そんなすべての人々に読んでほしい記事です。
 また、彼の仲間でもZプロジェクトの勝野さんには、2014 BAJA1000の参戦記を書いていただきました。これもまた役に立つ臨場感あふれる記事です。こちらもぜひ!


ほかにも、注目記事が多数です!
・BMW R1200R & S1000RRインプレッション by 鈴木大五郎
・GASGAS ランドネ、CAMI、EC RACINGインプレッション
・SHERCO SEF-R250インプレッション
・2014 BAJA1000 by Shogo Motobayashi
・IA WATARAIのKX250Fに乗る
・JEC 2014 年間ランキング認定式
・ニューモデル:TRIUMPH TIGER 800 XCx/XRx / Honda VFR800X
・全日本スーパーモト


お求めは弊誌販売協力店もしくは全国書店、弊社オンラインショップ・BAJABROTHERS.COMまで。お得な定期購読(現在プレゼントキャンペーン中!)もぜひどうぞ。お手頃価格の3号定期購読もスタートしています。


 

訂正とお詫び

On 2014年7月18日 By

FRP 2014 ご案内

On 2014年7月14日 By

自走で日高

On 2013年9月30日 By

BEST OF FRM 2冊発売

On 2013年9月14日 By