IMG_6148 先日、ようやくOFFROAD RIDING METHODを発行、ご予約の皆様に発送させていただきました。ゆうメールでの発送のためまだ到着していない方もいらっしゃるようですが、もし来週半ばになっても届かない場合は弊社までお気軽にお問い合わせください。こちらからのメールでも大丈夫です。
 予約開始からお手元まで届くまで、じつに4カ月の時間を頂いたことを深くお詫びします。

 本書は商品紹介のページにも書きましたが、本誌Vol.18で特集した「トップライダーたちが教えてくれたこと」の拡大版です。FRMの取材時や、プライベートでオフロードバイクに乗っているときにトップライダーたちに聞いたアドバイスの解説がメインとなっています。ライディングについて語っているだけに、万が一重大なミスがあると非常に危険なため、ほぼ最終版の原稿を2009全日本エンデューロ選手権の池田智泰さん(通称イシゲ)にチェックしていただきました。

 本書を発行した理由や経緯は本書内に書きましたが、この本は決して「アクセルをこう開ければこうなる」といった具体的なライディングテクニックをメインに紹介している本ではありません。

 そうしたライテク解説もじつに有用ですが、本書ではもう少し広い視点で「どうしたらもっとうまく、安全になれるか」というヒントが中心となっています。これらのヒントは、現在エンデューロに参戦しているライダーならすでによく理解しているであろう項目が多いため、そうしたライダーに対してはあまり役立つ内容はありません。あえて言えば、そうした上級ライダーでも、後輩や「どう教えたらいいのか」「どう伝えたらいいのか」という悩みに少しは役立つのかな? とは思っています。僕がこの10年間に「そうだったのか!」と感じ、実際に効果のあった「言葉」を取り上げていますので。

 冷や汗が出てしまうのは、発送作業を行いながら、購入者の中に日本を代表するようなライダーの方がいらっしゃることに気づいたこと。“付き合い”で購入していただいている方が多いと思う(本当にありがとうございます)のですが、もし「これはマズい」「違う」という点が本書内の記述にある場合は、弊社までお知らせ頂くか、あるいはフェイスブックなどでご指摘ください。弊誌からもアナウンスさせていただきます。

 重ねて書きますが、写真を多用して具体的なテクニックのやり方を紹介している本ではありません。あくまで「考え方」「基本的な乗り方」について言及した内容となっています。しかしそれだけに、オフロード全般に広く通用する乗り方を得られるきっかけになるのでは、と思っています。

 本書内にも書きましたが、日本のバイク乗りはもっとオフロードバイクを体験し練習したほうがいいと思います。多くのオンロードバイク乗りにとって、オフロードは「一時のレジャー」でしかないことが多く、それを残念に思います。海外を引き合いに出すのは本意ではないですが、幼少期にオフロードライディングを経験する機会の多いカリフォルニアのライダーたちは総じてオンロードの楽しみ方も、オフロードの楽しみ方も知っている人が多いように思います。

 決して速くはなくても、オフロードをそこそこ走れるスキルを身につければ、これまでイヤに感じていたような路面……たとえば苔むした路面の3桁国道や、雨で濡れた鉄板、砂の浮いたワインディングなどもきっと今までより楽しんで走れるようになると思います。それはきっと、世界の道をツーリングする機会が来たときにとても役立つものです。
 人生のうちに、決して長い期間ではなくても、継続してオフロードを楽しむ時間を作ってくれたら、きっともっと楽しい世界が広がると確信しています。もちろん、オフロードだけのライダーも、ぜひ一度オンロードを(今すぐではなくても)体験すると、いろいろとライディングの幅が広がると思います。

 最後に、事前の内容説明と実際の内容にやや変更があったことをお詫びします。とくに「アドベンチャーバイク」の項がかなり短くなってしまったことをお詫びします。このことは本書内に書き忘れたのですが、アドベンチャーバイクでのオフロードライディングにおける基本は、当然ながらオフロードライディングの基本と原則として同じであるため、前半〜中半の項目と重なるため割愛いたしました。
 また、本書の大きさと厚さから考えると、一般的な書籍よりもかなり割高感のある本となったこともお詫びします。本書の発行には皆様のご予約が不可欠だったための価格設定です。書店に流通する一般的な書籍に比較するとかなり少部数のため、どうしてもコストが高くこの価格となってしまったことをお詫びします。
 また、11月18日以降に購入される方にはさらに500円高い定価での販売となってしまうことをお詫びします。

 ともあれ、本書をご予約、ご購入いただき、誠にありがとうございました。これからも皆様のお役に立つ、あるいは役には立たないけど楽しめるような本や雑誌を制作、発行して参る所存ですので、これからもぜひご指導ご鞭撻いただければ幸いです。ありがとうございました!

FRM編集長 三上勝久

※上記を読んで「購入するかな?」と思われた方はこちらからどうぞ。11月15日現在で90部ほど在庫がございます。
宜しくお願い申し上げます。

 

FRP 2014 ご案内

On 2014年7月14日 By

お詫びとお願い

On 2013年4月23日 By

訂正とお詫び

On 2013年1月19日 By